文楽を鑑賞してきました!



昨日、府中の森芸術劇場にて人形浄瑠璃・文楽を鑑賞してきました。
演目は近松門左衛門作「曾根崎心中」でした。

「曾根崎心中」は3幕構成なのですが、各幕ごとに太夫、三味線、人形遣いの「三業(さんぎょう)」が入れ替わります。
特に2幕の太夫は表現豊かな口上がなんとも面白く、私は太夫さんをちらちら見ていました(*^。^*)

人形なのに人間が演じるよりも深いわび・さびが伝わり、
生の文楽を通し、虚実の狭間を堪能いたしました。

 


カテゴリ:
タグ:,,


カテゴリ

著者一覧

トップへ戻る
東京都府中市の本格整体「紅葉丘整骨院」