モートン病の特徴とは?

モートン病の症状は足の指の付け根(2・3指の閒、もしくは3・4指の閒が多い)から指先のかけての痛みやしびれ、感覚異常です。

140303133144

足裏にかかる衝撃を吸収している滑液包が繰り返される刺激により炎症化すると、常時指神経を圧迫するため痺れなどの症状を起こすようになります。
通常、歩行時も走行時も最後は親指で地面を蹴る動作にになるのですが、モートン病になる人はもう少し外側の部分で蹴っています。
モートン病はハイヒールをよく履く中年以上の女性に多いのですが、重心移動をあまりしていないペタペタ歩き方をしている若い女性や革靴、底が固い靴をよく履いている男性にもみられます。 

モートン病の治療について

治療なのですが、整形に行ったら恐らくステロイド注射で痛みをごまかされるでしょう。ステロイドはその時は症状が楽になるかもしれませんが、副作用が怖いですよね。
もちろん、患部をマッサージなんていうのも論外です。
足の各関節の調整、そして股関節、骨盤をはじめとする全身の調整が必要です。
なぜなら、モートン病になるような足は、土台が不安定な状態なので、全身の骨格もゆがんでいます。そして、全身の骨格のゆがみの影響で足にさらに負担がかかる・・という悪循環に陥ります。
なので、全身の調整が必要なのです。

当院の施術を受けた方数回でモートン病の症状(足の指の痛み、しびれ、違和感)がほとんどなくなるケースが多く、驚かれます。
適切な施術をすればモートン病は改善されますので、ご安心ください。

整体料金

◆どこにいってもなかなか改善されない「足の指の痛み、しびれ、違和感」でお困りでしたら、紅葉丘整骨院(府中市)までご相談ください。

「紅葉丘整骨院」HPトップページ