府中市で「不思議な整体」と口コミで評判の紅葉丘整骨院。お子様連れ歓迎!駐車場有。 府中市で自律神経の乱れからの不調、頭痛、肩凝り、腰痛、ぎっくり腰、神経痛、しびれ、内臓下垂、産後の整体治療、骨盤矯正、肋骨矯正、猫背、姿勢矯正、側弯矯正なら紅葉丘整骨院にお任せください。
ご予約・お問い合わせは今スグこちらから
0120-926-714
予約優先制<当日予約大歓迎!>
電話受付 午前9:00~午後19:30
(木・日・祝休診)、駐車場有
公開日:2014年4月8日
最終更新日:2017年1月5日

臀部(おしり)から足にかけて痛みやしびれがある時に病院や整形外科に行ってレントゲンやCTスキャン、MRIを撮った時に、ヘルニアが確認できれば、「椎間板ヘルニア」と診断されます。

※椎間板ヘルニアとは?
椎骨と椎骨の間には、クッションの役割をはたす「椎間板」と、よばれる一種の軟骨が存在します。さらに、椎間板は、繊維輪(周辺の硬い部分)と、髄核(中心部分)で、構成されています。
「椎間板ヘルニア」とは、繊維輪(周辺の硬い部分)に亀裂が生じ、髄核(中心部分)が繊維輪を破って飛び出し(膨れて)しまう事を、椎間板ヘルニアと言います。(下記イラスト参照) 
飛び出した(膨れた)椎間板が、神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こします。
ちなみに、ヘルニアとは、本来あるべき部位から脱出した状態をいいます。
ヘルニア

問題なのはレントゲンやCTスキャン、MRIで調べてもヘルニアが確認できなかった時です。
こういう時にお医者さんに「椎間板ヘルニアの疑いがあります」というケースが非常に多いです。
身体の不調の原因がわからない時に「自律神経失調症でしょう」とごまかすケースに非常によく似ています(余談・笑)。
「椎間板ヘルニアの疑いあり」と言われた患者さんは、自分はヘルニアだと思い込んでしまます。
実際、「私ヘルニアなんです」と訴える患者さんにレントゲンやCTスキャン、MRIで「ここにヘルニアがありますよ」という説明を受けましたか?と聞くと、
そういう説明は一切なく、患者さんが画像をみてもヘルニアは確認できないのに、「椎間板ヘルニアの疑いがあります」と言われたというケースが本当に多いです。
確かに角度の関係で画像に映らなかった、ということはありますので「ヘルニアの疑いあり」という診断(?)は間違っているとは言えません。
しかしながら、腰椎の圧痛がなく実際はお尻から痛みやしびれがきていることがよくあります。
この場合、梨状筋と呼ばれる筋肉がその下を通る坐骨神経を圧迫していることが結構あります。(下記イラスト参照)

梨状筋

この梨状筋が坐骨神経を圧迫することにより臀部(おしり)から足にかけて痛みやしびれが出る症状を「梨状筋症候群」といいます。
筋肉はレントゲンには映らないので「椎間板ヘルニアの疑いあり」と診断(?)されるケースが多いと知ってください。
「梨状筋症候群」は全身のバランスをよくし梨状筋の緊張がとれれば、神経の圧迫も軽減、解除されます。
そうすれば、足への痛みやしびれも軽減、解消されてきます。

◆「椎間板ヘルニアの疑い」でお悩みでしたら紅葉丘整骨院(府中市)までご相談ください。

→「紅葉丘整骨院」トップページ

→「腰痛」専門ページはこちらです。

この記事のキーワード

top9_1218

この記事の著者

梅原二郎妙順
梅原二郎妙順
あなたのカラダや自律神経系のお悩み、私がどうにかしましょう!
記事一覧

著者一覧

梅原二郎妙順
梅原二郎妙順

あなたのカラダや自律神経系のお悩み、私がどうにかしましょう!