オスグットで1年間運動できなかった子が1回の施術で走れるように!


th-sg-00025no02[1]久しぶりに来院された患者さんから「中一の息子がオスグットで1年間サッカーの練習が出来ずに落ち込んでいる。」という相談を受けました。
整形外科でアイシングと膝のストレッチの指導をされたそうです。
私は「オスグットは、足首の固さが原因なので、そんなことをしていても時間も無駄ですよ。一度連れてきてください。」とお話しました。
数日後、来院されたので膝の屈伸をさせると少し曲げただけで痛がります。
正座をさせましたが、痛がってできません。
お母さんは「中一の息子がまさか正座ができないなんて!」と驚いていました。

オスグットの原因は足首と固さと先程申しましたが、正確には足根骨が固いのです(下記参照)。
足根骨が固いから、踵を着けて屈伸できず、正座もできないのです。
kohler's_disease[1]
この子は足根骨がかなり固かったので、柔らかくする際に痛がっていましたが、だいぶ膝の屈伸が出来るようになりました。
そして、足根骨を柔らかくするストレッチを毎日やるよう指導しました。

本日、1週間ぶりに来院されたので、「走れるようになった?」と聞くと
「サッカーの練習がフルにできるようになりました!走っても平気です!」
と喜んでいました。
お母さんも「もっと早く連れてくればよかった!」と言ってました。

スポーツをやりたいのにオスグットで出来ずに落ち込んでいる子は本当に多いです。
この子は1年間整形外科に通っていましたが、この時間がもったいないです。
少年期の時間は二度と戻ってきません。
貴重な少年期の時間を的外れの治療で棒に振るのは、子供にとって可哀そうすぎます。

■もしあなたのお子様がオスグットでスポーツができないようでしたら、当院に相談してください。

整体料金

紅葉丘整骨院ホームページはこちら

→「オスグット」専門ページはこちらです。


カテゴリ:
タグ:,,


カテゴリ

著者一覧

トップへ戻る
東京都府中市の本格整体「紅葉丘整骨院」