肋骨矯正コルセットをお勧め出来ない理由とは?


肋骨矯正コルセットで締め付ければ肋骨の開きや出っ張りが改善されるのでは?と考える方がいらっしゃいます。

肋骨矯正コルセットの効果とデメリットについて考察してみたいと思います。

肋骨矯正コルセットの効果とは?

まず、肋骨矯正コルセットの効果について考えてみたいと思います。

1.ウエストが細くみえるようになる

肋骨は柔軟性がありますので、ウエストを肋骨矯正コルセットで締め付ければ見た目は細くなります。

2.スタイルがよさそうにみえるようになる

肋骨矯正コルセットで締め付けると、その時は猫背の方も姿勢がよくなります。

3.食事の量を減らすことができる

肋骨矯正コルセットでウエストの部分を締め付ければ胃も圧迫されるので沢山食べると苦しくなります。
結果的に食事の量を減らすことができます。

こうみると肋骨矯正コルセットはいいことだらけではないか!
と思えますね。

しかし、注意しなければいけない落とし穴があるのです。

肋骨矯正コルセットの落とし穴とは?

肋骨矯正コルセットの落とし穴について説明いたします。

1.体幹が弱くなり、かえってだらしがないカラダになってしまう

肋骨矯正コルセットで強力に締め付ければ、身体はコルセットに頼るようになってしまいます。
その結果、体幹が弱くなります。

肋骨矯正コルセットで締め付けている間は一見ウエストが細くみえますが、コルセットを外すとだら~りと締まりのないカラダになってしまうのです。

2.呼吸が浅くなり、代謝が悪くなるので太りやすい体質になってしまう

呼吸に合わせて肋骨は動きます。
息を吸った時に肋骨は広がり上方へ動きます。
吐く時には肋骨は縮み、下方へ下がります。

肋骨矯正コルセットで強力に締め付けると肋骨の動きが妨げられ、横隔膜も固くなってしまいます。
その結果、呼吸が浅くなり、代謝の悪いカラダになってしまいます。

代謝の悪いと脂肪が燃焼しにくくなり、太りやすい体質を加速させてしまいます。

3.むくみやすいカラダになってしまう

本来、皮膚の内側はリンパ液など体液がサラサラ流れています。
ところが、肋骨矯正コルセットで強力に締め付けると体液の流れが悪くなり、むくみやすいカラダになってしまいます。

むくむと顔や腕、足などがパンパンになってしまいます。

体液と同時に血流も悪くなりますので、健康という視点でみると肋骨矯正コルセットに安易に頼るのは危険だということがお分かりいただけたかと思います。

まとめ

肋骨矯正コルセットで締めている時は、ウエストの部分が細くなり、姿勢もよくなります。
締め付けているので、食事の量も減らすことが出来ます。

しかしながら、カラダがコルセットに頼ってしまうので体幹が弱くなり、かえってだらしがないカラダになってしまいます。
代謝も悪くなり、むくみやすくなるので、太りやすい体質になってしまいます。

肋骨を締めてくびれを作りたい!とお考えでしたら肋骨矯正のプロに任せるのが一番の早道です。

肋骨の開き、出っ張りを改善したい方へ

肋骨の開き、出っ張りを健康的に改善したい方は当院の「形を変える肋骨矯正」をお勧めします。

当院では、特殊な技法で肋骨の形を整えていきます。

当院の肋骨矯正をすることにより内臓下垂も改善され、横隔膜が柔らかくなり呼吸が深くなります。
その結果、身体の代謝がよくなり、自律神経の乱れを改善する効果もあります。

※このような悩みでお困りの方は下記ページをご覧ください。
⇒「形を整える肋骨矯正」専門ページ


カテゴリ:
タグ:,,,,,


カテゴリ

著者一覧

トップへ戻る
東京都府中市の本格整体「紅葉丘整骨院」