肩こりなどの意外な原因!肋骨の歪みや仕組みを正しく知ろう!


肋骨の歪みが原因で肩こりになるの?

肩こりなどの意外な原因!
肋骨の歪みや仕組みを正しく知ろう!

肩こり腰痛の主な原因として多くの方がイメージすることは、その傷んでいる部位の酷使ではないでしょうか。
それも間違いではありませんが、もっと根本的な肋骨の動きをよくしてあげることで、嘘のように痛みの症状が改善される可能性があります。
当記事ではそもそも肋骨について詳しく紹介していきます。

肋骨ってどこの骨?

肋骨(ろっこつ)はここの骨の事を指します。

肋骨の歪み

肋骨と背骨は繋がっているのため、どちらかに負担がかかって歪むともう一方もつられるようにして歪んでしまうという関係性にあります。
さらには最近注目されることの多い「骨盤の歪み」とも関係しています。
このようにある部位の骨の歪みだけに注目するだけではなく、連動性にも目を向けて矯正していく必要があるのです。

人体を支えたり内臓を保護したりしてくれる役割を担っている骨は、非常に頑丈で少しくらいのことでは歪んだりはしないと誤解されてしまう場合も少なくはありません。
しかし、実はほんの数ミリという単位の中で徐々に歪んでしまうものです。
そして、骨が歪んでしまうことによって余計な負荷をあらゆる部分にかけることになります。

その中の一つの代表的な症状として肩こり腰痛があげられているにすぎません。
他にも猫背などの姿勢の悪さや頭痛、さらには自律神経にまで影響を及ぼす場合もあります。

骨の歪みを引き起こす原因は?

では、骨の歪みを引き起こす原因はいったいなんなのかと言えば、これは必ずしも一つに絞ることはできません。
それぞれのライフスタイルによって内臓の不健康が原因の場合もあれば、座り方や寝ている時の姿勢などの無意識なクセが原因となっている場合もあります。
あるいは趣味として楽しんでいるスポーツや、職業病が原因となっていることも考えられますので、思い当たる節があれば自分自身で見直していく事が必要です。

肋骨の歪みが原因の症状とは?

猫背や反り腰など姿勢の悪さ

「猫背になる原因は?猫背になりやすい人の特徴とは?」の記事で猫背になりやすい人の特徴をお伝えしましたが、実はこの肋骨の歪みが猫背や反り腰などの姿勢の悪さに影響を与えている可能性も考えられるのです。

猫背は肋骨が下に下がっていて閉じた状態で、反り腰は肋骨が前方に跳ね上がって開いた状態になっています。
更にこの状態に左右どちらかに傾いていたりなどの捻じれが加わると、複雑な肋骨の歪み方になり自力ですぐに改善するのは困難です。

肩こり

肋骨の歪みが首の骨(頸椎)や肩甲骨付近に影響すると、肩こりや肩甲骨のこりが生じます。
酷くなると痛みを伴い、強い筋肉のこりが脳への酸素供給量を減少させ脳が酸欠状態となり頭痛が発生します。
腰痛も同様に、肋骨が歪む事でそれを支える下半身の一部分に負担がかかり、腰痛を引き起こしてしまいます。

内臓疾患

肋骨が歪む事で内臓に影響を与える可能性もあります。
暴飲暴食などで内臓が機能低下を起こし肋骨が歪む事もありますが、先に肋骨が歪む事で内臓の機能低下を引き起こす事もあります。

自律神経の乱れ

肋骨が歪む事で肺の換気能力が低下します。
すると呼吸が浅くなり息を吸ったり吐いたりするのが苦しくなります。
前述したとおり、猫背の人は肋骨が下に下がっていて閉じた状態になってしまいますので、自律神経に影響が出る可能性が高いです。
自律神経が乱れると、酷い場合、自律神経失調症うつ病といった症状も出てしまうので注意が必要です。

自分だけで生活習慣や身体の歪みを改善するのは困難!

しかし日常生活の見直しと身体の調整などを自分だけで行おうとすると、なかなか改善が見られなかったり、逆に悪化させてしまう事にも繋がりかねません。
整骨院や整体院に行っても肋骨矯正をしているはあまりありません。

私は肋骨矯正はすべての身体の不具合の根本原因の一つと考えております。

いくら背骨のゆがみを整えても肋骨のゆがみがそのままだったら、すぐ背骨はゆがんでしまします。
肋骨が胴体を覆っているのですから全体(肋骨)のゆがみを整える必要がありますよね?
側わん症も肋骨から改善させないと全体のゆがみは改善されません。

肋骨の矯正・調整は背骨のゆがみを整えることで首や背中、腰の筋肉の緊張が驚くほど柔らかくなります。
そして、肋骨とは直接関係がないように思われる肩や股関節、膝の痛みや動きの悪さを改善する効果があります。肋骨のちょっとした操作で挙がりにくい腕(五十肩)がすーと挙がることがよくあります。肋骨をちょっと触っただけで肩こりが触ってもいないのにかる~くなることに、よく驚かれます。
また、肋骨は呼吸とともに動きますので、肋骨の動きがよくなると呼吸も深くなり、精神的にも落ち着きます。

早急に肋骨のゆがみ、開き、出っ張りを改善したい方へ

ストレッチ等で自分で肋骨の開きや出っ張りを改善させるのは正直時間がかかります。
早急に肋骨の開きや出っ張りを改善させたい!とお考えでしたら肋骨矯正のプロに任せるのが一番の早道です。

           施術前➡2回目
           ※施術効果には個人差があります。

   施術前 ➡ 2回目 ➡ 3回目 
    ※施術効果には個人差があります。

※このような悩みでお困りの方は下記画像をクリックしてください。

肋骨矯正トップ

⇒「形を整える肋骨矯正」専門ページ


カテゴリ:
タグ:,,,,,,,,,,,,


カテゴリ

著者一覧

トップへ戻る
府中市の本格整体「紅葉丘整骨院」